ナミキソウ  (シソ科 タツナミソウ属) LABIATAE Scutellaria stsrigillosa


2010.8.3 広島県呉市安浦町

波が打ち寄せるみたいな咲き方だから・・・、というのはタツナミソウと同じ意味でついた名前。その上、浜辺で見られる。高さは20cm程度で他の植物に隠れてしまう。特にハマゴウ群落にあると花の色が同じでほとんど見つからない。


十字対生の葉は小さく、花の大きさと釣り合わない。


タツナミソウが穂状に花をつけるのに対しナミキソウは2個対になって咲く。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト