トウゴクシソバタツナミ (シソ科 タツナミソウ属)


2011.6.4  広島県東広島市

広島県のシソバタツナミソウと思われているものは花茎の開出毛により今後トウゴクシソバタツナミ(トウゴクシソバタツナミソウ)と訂正されるはずである。
この情報をいつもご指導いただいている先生から教えられ自生地にと向かった。花期の短いタツナミソウの仲間に満開で迎えられると、思わず、「やった!」と声が出る。決め手となる開出毛とは茎に対し垂直に立つ毛のことで、シソバタツナミソウでは短い伏せた毛になる。
はいつくばってじっと観察するとその様子は簡単に分かる。植物の世界で「東国」などを先入観から排除してしまったことに恥じ入るべきであろう。


決め手となる茎の開出毛。


ここのものは「シソ葉」らしくない葉。むしろ「ビロードタツナミ」と呼びたくなる触り心地。

全体に毛が多く、高さは10〜15cm程度。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト