テンニンソウ (シソ科 テンニンソウ属)


2008・10・4 広島市佐伯区

県内には赤紫色の花をつけるオオマルバノテンニンソウが自生していることは多くの花ファンが知っている通り。四国山地に多い、白い花のテンニンソウがあることは余り知られていない。


オオマルバノテンニンソウと比べると、確かに葉が大きく無い。細く、非常に良く虫に喰われている。


図鑑ではテンニンソウは無毛とされているが、この場所のものは葉の裏の主脈に伏毛が見つかる。伊吹山ではこの種をフジテンニンソウとしているようだが、ここではテンニンソウとする。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト