ヒキオコシ (シソ科 ヤマハッカ属)


2011.9.26  広島県呉市川尻町

深山に生えるものだと思い込んでいたら、意外に瀬戸内海に近い日当たりの良い道端で見つかった。ヒキオコシ(引き起こし)の名称は病人をたちまち起き上がらせるほどの薬効を表わしている。別名もエンメイソウ「延命草」、葉にはわずかに香りがあり、センブリに準ずるほどの苦味がある。なるほどと納得する。
背丈は0.6〜1mに達する大型の草本、茎やがくは密生する毛に覆われる。

花はそれほど見栄えがするわけでは無い。

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト