ヒメコウホネ (スイレン科 コウホネ属) NYMPHAECEAE Nuphar subintegerrima


2009.8.16  広島県世羅町

広島県でただ一箇所の自生地より移植されたため池での撮影であり、保護された植物として茎の断面などオグラコウホネとの明確な違いをみせることが出来ない。周囲はノタヌキモ、イヌタヌキモが咲いていた。


葉は西日本型の特徴、長めである。

上:オグラコウホネ(東広島市) 下:ヒメコウホネ(世羅町)
葉茎の太さはヒメコウホネが太い


左:オグラコウホネ 右:ヒメコウホネ


葉茎の断面 左:オグラコウホネ(楕円形で中空である) 右:ヒメコウホネ(三角形で中実である)

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト