オグラコウホネ (スイレン科 コウホネ属) NYMPHAECEAE Nuphar oguraensis


2006・8・13 広島県世羅町

コウホネに比べると浮いている葉が女性的であることで区別がつく。また葉柄も細いそうだがなにしろ水中の話で確認したわけでは無い。自生地はため池であることから、量的には多いものの人為的な存亡の危機も考えられないわけでは無い。

上:オグラコウホネ(東広島市) 下:ヒメコウホネ(世羅町)
葉茎の太さはヒメコウホネが太い


左:オグラコウホネ 右:ヒメコウホネ


葉茎の断面 左:オグラコウホネ(楕円形で中空である) 右:ヒメコウホネ(三角形で中実である)

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト