ツルドクダミ (タデ科 タデ属) POLYGONACEAE Polygonum multiflrum


2013.4.9 広島県海田町

日当たりの良い瀬戸内沿岸部の斜面に点在する暖地性のツル植物。塊根を生薬として何首烏(かしゅう)と呼ぶ、主に精力剤。九州では良く自生するようだが広島県内ではあまり見ない。名前に反してドクダミ科ではなくタデ科タデ属、ソバカズラ属Fallopia やツルドクダミ属Pleuropterus 、 ミチヤナギ属Polygonum など見解はさまざま。

葉がドクダミと似ている 2013.5 広島市東区

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト