ヒメオニツユクサ (ツユクサ科 ツユクサ属)COMMELINACEAE Commelina  communis f. ciliata


2008・9・14  広島市佐伯区

分布域も正しい区別も良く分からない。ツユクサの仲間はまだまだ正確に分類されていないのだろうか。周囲のほとんどは濃い紫色の普通のツユクサの群落、これがウワサに聞いていた「ケツユクサ」だと分かった。この個体は花を包む「苞」の裏に白い毛が多い。あまり広島県内から自生の話は聞かない。
毛のあるツユクサの総称をケツユクサと言うらしい、姫さんなのに鬼であるこの名称「ヒメオニツユクサ」の落差が面白くてこちらを採用した。

花はツユクサよりやや大きく色は薄い


ツユクサ(左)の苞には毛が無いが右のヒメオニツユクサは毛が多い

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト