ウスバサイシン (ウマノスズクサ科 カンアオイ属)


2006・5・4 広島県三次市口和町

湿り気のある崖などに生えている、広島県にはとても少なくて現在はこの場所でしか見たことがない。根を干して器官支炎などの薬として有用。

中央がウスバサイシン、周囲はフタバアオイ。
これは気づかない。フタバアオイより早い時期に咲くので、フタバアオイの葉が展開するより早く見つけるほうが楽。

2枚の葉があればひとつの花が出る


葉の先は尖る。

2010.5.2 庄原市西城町

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト