マルミノヤマゴボウ (ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属) PHYTOLACCACEAE Phytolacca japonica


2008・8・27 広島市安佐北区

山地の木陰(この場所は杉林の中)に生える多年草で、この仲間としては唯一の純国産種で学名も japonica 。はじめ白っぽい花が花穂を含め赤くなり、黒い実ができる。名前どおり球形の実で、葉の大きさはヨウシュヤマゴボウに比べるとはるかに大きい。


8/27 この時期の花(正しくはがく)は紅色になることが多い。茎は赤くならない。


2009.7.11 広島市安佐北区可部町 心皮は合着して分かれ目が見えない。

マルミノヤマゴボウ

ヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ

【*QJYの植物図鑑・草本に戻る*】

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト