野菊の仲間たち キク科(COMPOSITAE)

シオン属(Aster )


テリハノギク (A.tiwanensis var. lucens

日本では西表島のみに自生する。葉の感じはシロヨメナに似て花の大きさはゴマナ程度、しかし舌状花は先が丸く、全体の印象は「かわいい」野菊だ。アワユキセンダングサのように雑草の中に生えることは無い。むしろ高い崖の上から茎を伸ばしている。
2007・12・11 西表島にて


典型的な咲き方は崖から垂れるように咲くこと。撮影した時期は「咲き始め」の頃で、最もこの花が美しく見える頃。
なお、西表島では白い野菊はテリハノギクのみ。

 頭花の直径は1〜1.5cm

 総苞は細長くスマート


葉は厚く、ざらついた感じ。「テリハ」と名乗るほど光沢は無い。

QJY・野菊の仲間たちへ