コマツヨイグサ(アカバナ科)

名前のとおり小型の待宵草、ただし海岸の砂地に生える。北米原産の帰化植物で二年草、別名をキレハマツヨイグサ、砂浜にへばりついて咲くが生育場所によっては60cmくらい高くなる。花の径は2〜3cm。
2009・3・2 名護市東海岸


夕方から咲き始め、翌日の夕方には変色して閉じる。

風を避けるためだろう、砂浜にへばりつく。

<<沖縄植物図鑑>>