9月・久高島
11月波照間島
ヤエヤマアオキ(アカネ科)
根を強壮剤として利用したと言う。海岸地にある低木。免疫力を高めるなど健康素材として注目を集めている。学名:モリンダ・シトリフォリア、通称ノニとも呼ばれ「南の島の奇跡のフルーツ」としてそろそろ大々的に売り出すようだ。タヒチやインドネシアではもっと大きな実の栽培種があるらしい。もともと自生している一般的な植物だが、沖縄の人がこれを食用素材として利用していたかどうかについてはどうも否定的な調査結果が出ている。
近々売り出すらしい。新しいブームを生み出すかどうかはここの社長の力の入れようで変わるだろう。

<2004・6月売ってました。¥3,150−)

<<沖縄植物図鑑>>