ヒカンザクラ(バラ科)
沖縄では本土とは逆に北からサクラ前線が降りてくるという。満開の名護城から夕日が沈むのを眺めていた。彼岸桜との混同を避けてカンヒサクラと呼ぶこともある。厳密には色のうすいヒカンザクラをリュウキュウヒカンザクラとし色の濃いものを単にヒカンザクラとするのが正しい。
1月21日名護市

桜の名所・八重岳(1月)

<<沖縄植物図鑑へ>>

3月下旬
結実しやすいので、野鳥にとって嬉しい存在だろう。山中に自生しているのは鳥が運んだもの。