ダンドク(ダンドク科)
八重山全般に多く自生し、マーランバショウと地元では呼んでいる。栽培種の逸出と思われる。
キツネノカミソリ風の花で丸い玉のような実をつける。赤い花もあるので黄色いものは「キバナダンドク」と呼ぶこともある。
3月石垣島

赤いダンドク 2006・5・27 久米島

姿は美しい 10月上旬 与那国島

<沖縄植物図鑑へ>>