カユプテ(フトモモ科)MYRTACEAE Melaleuca leucadendra
オセアニア原産の常緑高木で、名前は「白い花」の意味を持つという。この樹木から採るカユプテ油は近年のアロマブームで脚光を浴びている。沖縄県内では屋我地島の県道110号沿いで植栽されている。
試験管ブラシ状の白い花はハチが好むようで、良い香りがする。オリーブのような細長い葉と白っぽい幹が特徴。
2007・11・14 名護市済井出

<<沖縄植物図鑑へ>>