由布島手前の水牛車発着場にて

マヤプシギ(ハマザクロ科)
多肉質の葉の先端は丸い。何と言ってもタケノコがたくさんあるのが特徴。
硬い呼吸根だから、ここでこけたら命取り。
2月西表島にて

7月西表島にて
別名「ハマザクロ」という感じがするね。
なお、西表島の住人に聞いた話では、マヤプシキとは「ネコのヘソ」の意味だそうです。なるほど、ネコにヘソはあるもんね。花はあまり知られていないが冬の夜に咲く。西表島、小浜島、石垣島など八重山が北限の熱帯植物。

<<沖縄植物図鑑>>
究JYお勉強ページのマングローブ参照

オヒルギ
メヒルギ
ヤエヤマヒルギ
ヒルギダマシ
ヒルギモドキ
マヤプシギ
ニッパヤシ