コヒロハハナヤスリ(ハナヤスリ科)
まるである種のランのように葉(栄養葉)を一枚つけて花穂のような胞子葉を立てる。この胞子は軸の両側についている。
3月下旬・国頭村にて

<<沖縄植物図鑑>>