ヒカゲヘゴ(ヘゴ科)
奄美大島より南にしか生えない超大型のシダ類。まるで恐竜でも出てきそうな古生代の生き残り植物だ。
「丸八(まるはち)」と呼ばれる肌の模様がきれいなので熱帯植物園では必ず植えてある。
着生ランの母樹として最適と言われる。園芸の世界でもその役目をするものを「ヘゴ」と呼ぶ。
1月・名護市

<<沖縄植物図鑑>>

名護市