ツタノハヒルガオ (ヒルガオ科) Merremia hederacea
道路の脇に投げ出されたように咲いている、注意しないとハイキンゴジカが咲いていると思い見過ごしてしまうだろう。花も小さい(径1.5cm)が葉のユニークな形できっと名前がついているはずだと思っていた。しかしこれを「蔦の葉」と表現されても、覚えにくいなあ。「ひょうたん葉」の朝顔と覚えたほうが忘れない。奄美大島〜八重山の自生種で1年草。
2007・12・11 西表島にて


朝顔愛好家の垂涎の的、黄色花のヒルガオだ。

<<沖縄植物図鑑>>