アワユキセンダングサ (キク科)

あるご婦人がタクシーに乗り、運転手に「白いキクがきれいですね。」と、言った。運転手は即座に「全部持って帰っていいですよ。」と答えたそうだ。方言名を「サシクサ」、種子が服に刺さって迷惑な草花のひとつ。一年中咲いている、本島から八重山まで沖縄を代表する外来種だ。
草花の名前はもっと親身になってつけていただきたい。およそ「淡雪」とは縁の無い南国で、この名前はどうしても結びつかないのだ。
<<沖縄植物図鑑>>

下部の葉、このように3枚複葉の場合はハイアワユキセンダングサとする説もある。タチアワユキセンダングサは5枚複葉。

確かにこれはセンダングサの実

2006・10・26 竹富島