ブクリョウサイ (キク科)

奄美諸島〜沖縄島〜八重山に自生する一年草、シャツのボタンのような丸い頭花が特徴。
茎や葉に白い毛がある。あまり陽のあたらない場所に生える。和名は漢字で「茯苓菜」、茯苓はサルノコシカケ科のキノコの一種でこの植物が民間薬として利用されたことの証。
2008.6.5 石垣島 

<沖縄植物図鑑>