コスモス (キク科)Cosmos bipinnatus Cav
明治12年に日本に渡来したと言われる帰化植物で日本の気候に良く適応している。沖縄では本島北部で生育が良いようで、休耕田などで観賞用に咲かせているところも多い。オオハルシャギクと和名を貰っているようだが、コスモスで通っている。
2008・12・5 国頭村 道の駅「ゆいゆい国頭」裏の休耕田

<<沖縄植物図鑑>>