オオアレチノギク (キク科)

南アメリカ原産、大正時代に渡来し今では日本全土に広がっている。いかにも帰化植物らしい名前、良く似たヒメムカシヨモギとは舌状花がほとんど確認出来ないこと、茎に毛が多いことで区別する
2008.4.16 国頭村

 <<沖縄植物図鑑>