キントラノオ(キントラノオ科)
トラノオの名がつくわけは枝先に穂のように花がつくから。本来は海岸部の植物だが庭木として愛される。
樹高1〜2メートル。つる性のコウシュンカズラと違って枝は直立する。
10月・那覇市首里金城にて

<<沖縄植物図鑑へ>>コウシュンカズラを見る