ミヤコジマソウ (キツネノマゴ科) Hemigraphis okamotoi
とてつもなく貴重な種である割には、海岸部のゴミが散乱する岩場に咲いていた。年中花を見ることができるが、一日花なので運が悪いと見つけられない。南方、ミクロネシア系の植物で宮古島は北限とされるが八重山では見られないようだ。同科のアリモリソウやイセハナビのイメージだが葉の径は1円玉以下、岩上を匍匐し、葉には目立たない毛がある。
10月下旬 宮古島にて

岩の上でも育つ

<<沖縄植物図鑑>>