セイタカスズムシソウ(キツネノマゴ科)
コノハチョウの食草として名高いイセハナビ属のセイタカスズムシソウ、なぜセイタカスズムシバナでは無いのかは不明。
もちろん同名のラン科では無い。高さ70センチ以上になる。オキナワスズムシソウはこちら
寒い時期、山林の道路沿いに群生しているのを見かける。
1月・本部町八重岳山麓

<<沖縄植物図鑑>>