タイワンウオクサギ (クマツヅラ科)
海岸近くに生える常緑低木だが見上げるような高さになることも多い。白い花の花冠は4裂し、熟すと黒くなる球形の実は径3〜4mm。
2006/8/20 本島恩納村にて

<<沖縄植物図鑑>>