アコウ(クワ科)
南国で見るイチジク属(Ficus)の仲間は年中 「果嚢」をつけているので、判別しやすい。
沿岸地に近い場所で見る常緑樹で高木になるのがアコウ、利用価値の無い木と言われ本土では「アホウ」とも。
花嚢をびっしりつけている時期の葉は力無く垂れ下がり、元気が無いように見えるのもなかなか可愛い木である。
4月石垣島・宮良橋

<<沖縄植物図鑑>>