オオバイヌビワ(クワ科)
名は体をあらわす、亜熱帯に多いクワ科の植物、特にイチジクの仲間はオオコウモリなど小動物のレストランだ。
良く似たアカメイヌビワ(コウトウイヌビワ)と比べて葉にツヤがある。
西表島では「コウモリの木」と昔は呼んでいたそうだ、(金城旅館・ときわさん談)
3月・石垣島バンナ公園

<<沖縄植物図鑑>>