トキワヤブハギ (マメ科):Desmodium heterocarpu
九州南部以南に自生する、オオバヌスビトハギの近縁で沖縄本島のリュウキュウヌスビトハギに似ている。分布上はシジミチョウの仲間のリュウキュウウラボシシジミの食草として八重山に自生するのが本種。花はヌスビトハギよりやや大きい。豆果は2〜3の種子を作り、10〜11月頃咲く。
アレチヌスビトハギのように派手な模様では無いが淡いピンクの花は愛らしい。山地の道端に生え、草地では見ない。
10月上旬 石垣島にて

<<沖縄植物図鑑>>