モンパノキ(ムラサキ科)
どこの海岸でもどんな季節でも花や実が見られる。まるで野菜のような柔らかな葉、おおらかな南の国の植物だ。

モンパは紋羽と書く、意味不明だが私なりに解釈すると、紋羽は紋羽二重の略、高級生地の羽二重に紋を浮かせた一級品の生地でこの葉の肌触りを示しているのでは、と推測する。たしかにこのチンゲンサイのようだけど、厚みのある柔らかい葉は香りも肌触りも素晴らしい。
宜野湾海浜公園 3月

<<沖縄植物図鑑>>

8月下旬・万座毛