セイバンナスビ(ナス科)
熱帯アジア原産の外来種で日当りの良い山道の崖などで見られる。
「セイバン」は「西蕃」と書き、西遊記の時代の三蔵法師が向かった西方浄土つまりチベットやインドあたりを指すらしい。
「南蛮」でも良かったのでは?ともかく鋭いトゲが茎や葉の主脈にあり、タチの悪い雑草であろう。
2月上旬・名護市にて

<<沖縄植物図鑑>>