シマアケボノソウ (リンドウ科)
八重山を代表する名花、海岸近くの丘陵地の岩場や崖に咲く。別名をヤエヤマアケボノソウ、でもアケボノソウとは似ていない、5弁の花だがユリ科のような雰囲気で真冬に咲く。もっと良い名前をつけてやりたいものだ。
2008・1・5 西表島にて

<<沖縄植物図鑑へ>>

 2007・12・10 西表島
湿った岩場などに張り付くように咲いている。ツルナのようなぼてっとした葉はヘツカリンドウと良くにているが背丈は低い。