ボタンボウフウ(セリ科)
葉がボタンのようだからついた名前。海風のあたる海岸で育つ。
崖地にしっかり根をはっているようすは、この植物のたくましさを示している。
長命草(チョーミーグサ)やサクナと地元で呼ばれる健康食材。
4月・伊江島にて

2月・石垣島

<<沖縄植物図鑑>>