タイワンコモチシダ(シシガシラ科) 別名をハチジョウカグマ、
シダ植物は亜熱帯地方には大変多い。葉に出来る無性芽が風に飛ばされて新しい株を作る。
長さ1〜2メートルにもなる大型シダ。2008・6・3 西表島にて

新葉はこのように鮮やかな紅色の無性芽をつける

7月・西表島

<<沖縄植物図鑑>>