オキナワマツバボタン (スベリヒユ科)
釣り人の通路の岩場にひっそりと咲いていた。午前中に開花し午後には閉じると聞いていたが、午前中では閉じたまま、日が射してきてやっと開きかけた。つまり日照が必要な花だということが分かった。それにしても、乾いた岩場でどうして生き延びることができるのだろう。
2007/10/25(左) 8月中旬(右) 本島恩納村

2007/10/25 本島恩納村にて

<<沖縄植物図鑑へ>>