タイワンソクズ(スイカズラ科)
沖縄名をハブグサー、いかにもこれが繁った場所には入り込みたくないような名前だ。
植物学的にはタイワンソクズと言って区分けされ、九州までに咲くものと区別しているそうだが外見はソクズと同じ。
9月:宮古島にて

8月中旬 本島・中城城跡

黄色いのは「蜜」を貯えた腺体
基本種のソクズでは、腺体は杯状をしている。

<<沖縄植物図鑑>>