タヌキモ (タヌキモ科)
タヌキモの仲間は根を持たず水中に浮遊しているため、流れのある渓流では育たない。水中から全体を持ち上げると、まるでタヌキの尾のように見えることからついた名前。花は水面に持ちあがり、下唇が大きく赤いすじ模様が美しい。湖沼やため池の減少で、全国的に希少となっている。
食虫植物で水中の葉の中に捕虫嚢を持つ。
8月 国頭村にて

<<沖縄植物図鑑>>