コウトウヤマヒハツ(トウダイグサ科)
別名:シマヤマヒハツ、庭木として植えられている常緑低木でヤマヒハツに似ているが葉の巾が広く葉脈に特徴がある。
実が部分的に赤くなるので鑑賞用で、ヒハツ(コショウ)の原料にはならない。
11月・宮古島にて

<<沖縄植物図鑑>>


2011.4.18 西表島