ヤマアイ(トウダイグサ科)
山に生える「藍(あい)」だが、かつては染色原料として利用された。(現代ではリュウキュウアイを利用)
雌雄異株で山林のあまり陽の当たらない場所に群生する。良く似た植物にアリサンミズ(イラクサ科)がある
3月上旬・名護市嘉津宇岳

<<沖縄植物図鑑>>


写真は雄花