インパチェンス(ツリフネソウ科)
別名をアフリカホウセンカ、今や沖縄の「顔」になりつつある。
実をつまむと生きているみたいにはじけ飛ぶ。子供達のかっこうの遊び相手だ。
5月・名護市にて

<<沖縄植物図鑑へ>>

距が長く、大型蝶でないと中の蜜は吸えないだろう。
実をつまむとすぐに弾けて種子が飛び出す。