アリマウマノスズクサ sp.(ウマノスズクサ科)
ウマノスズクサの仲間の分類は頭を悩ませる。八重山地方のウマノスズクサとしてコウシュンウマノスズクサ(無毛)とリュウキュウウマノスズクサ(有毛)とに分かれると言う単純明解な説からいけばこれはリュウキュウウマノスズクサとしか言い様が無い。アリマウマノスズクサは別名をホソバウマノスズクサと言うように葉の形がユニークでかつ分布域から外れ、オオバウマノスズクサはがく片の形が違う。
ところが、この仲間を詳しく調べている人の話で、八重山地方のものは「アリマ・・」であるとの説が流れている。とても納得できないのでとりあえず「sp.」として今後の解明を待つ。
2月・石垣島

<<沖縄植物図鑑>>