ツルコウジ(ヤブコウジ科)
本土で良く見るヤブコウジにしては葉の粗い鋸歯と茎の毛が気になり、何か違うな?と感じる。
何より地面を這う姿がおおまかで、これが「鶴田浩二」か、と気がついた。この近辺のツルコウジを特にリュウキュウツルコウジと呼ぶ。
3月上旬・名護市嘉津宇岳にて

<沖縄植物図鑑>



(左:ツルコウジ) (右:本土のヤブコウジ)