ナゴラン(ラン科ナゴラン属)

自生地のひとつである沖縄県名護市からついた名前、島根県隠岐島では神社の樹幹から下向きに着生している。肉厚の葉と芳香の花は観賞価値が高く、育てやすさから園芸品種として知られている。
2013.5.6 沖縄県国頭村の民家にて。


ここでは種子から栽培したそうだ。
つぼみで縞模様が見えるとワクワクするそうだ。

6月下旬 広島市植栽