らん・ラン・蘭 96種

英語で「走る」はRUNですね。では「楽しく走る」は? ・・・・・・・・・RUNRUNと言います。それでは「とっても楽しく走る」は?・・・・・そう、RUNRUNRUNなのです。ここはランの花がいっぱいのページ。楽しいランのページです。え?ホームラン?
◎広島県内で撮影の自生種 、○県外で撮影の自生種 、△植物園などで撮影

2005・今年出会ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4
2006・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4 その5
2007・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4 その5
2008・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4 その5
2009・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4
2010・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4
2011・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3
2012・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4
2013・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3 その4
2014・今年出合ったランちゃん ( その1 その2 その3

【植物名順】

植物名 属名 あんまり重要でないコメント
アオイボクロ ムカゴサイシン属 花と葉の時期が違うヒガンバナみたいなラン
アカエビネ エビネ属 エビネは色の変化が激しい。唇弁が赤いものを特にアカエビネと呼んでいる
アケボノシュスラン シュスラン属 シュスとはビロードのこと、葉の手触りの良さをさす
イチヨウラン イチヨウラン属 一枚の葉が特徴の名前に
イリオモテトンボソウ ツレサギソウ属 西表島で潮の引いた沿岸を歩いてたどり着いた
イリオモテヒメラン ヤチラン属 西表島の姫様は意外と地味
イリオモテラン ニュウメンラン属 ニュウメンラン(入面蘭)からイリオモテランと呼ばれるようになっただけのこと、あれれ
ウチョウラン ハクサンチドリ属 数ある野生ランの中で、姿の美しさを競うラン、鮮やかなピンクのスカートをはいている
エビネ エビネ属 広島市内、と言っても自然豊かな安佐北区。どうしてこんなにエビネは盗られるのでしょうか?
オオバノトンボソウ ツレサギソウ属 一本の茎にたくさんの人形が並んでいるみたい、道端で突然見つかるから驚くよ
オオヤマサギソウ ツレサギソウ属 地味な色の多いツレサギソウ属にあって、白い花をたくさんつける
オキナワセッコク セッコク属 足元のスミレや樹上のマメヅタラン、きょろきょろしながら森を歩く
オキナワチドリ ヒナラン属 小さいくせに超人気、姿形のバリエーションの多さに感激
オナガエビネ エビネ属 エビネのイメージより色の変わったツルランみたい
オニノヤガラ オニノヤガラ属 ナラタケの菌糸から養分を取るといわれる腐生植物。名前がいいね
カキラン カキラン属 黄褐色の花、つまり「かきいろ」をしているからカキラン、きれいな花なのに人気はイマイチ
カクチョウラン ガンゼキラン属 日本では最大級のラン。花の数も多く、気品ある姿に感動する
カゲロウラン ヒメノヤガラ属 余り日の当らない山道で咲いていた。
カゴメラン シュスラン属 南国のジャングルの中で見つけた珍しい葉っぱ、秋には花が咲いていた
カヤラン カヤラン属 葉がカヤの葉に似ているからカヤラン。指揮棒を振ってるみたいに見えたらカラヤン
ガンゼキラン ガンゼキラン属 黄色い花が特徴の南国の明るいラン、葉に黄斑が入るものをホシケイランと呼ぶ
カンラン シュンラン属 寒蘭の名のごとく晩秋から冬にかけて咲く美人のラン
キエビネ エビネ属 西日本では純粋のキエビネが少なくなったらしい
キヌラン キヌラン属 芝生に生える小さなラン、花は更に小さい
キンギンソウ シュスラン属 亜熱帯のジャングルの渓流で見つかる、雑草のようなラン
キンセイラン エビネ属 県内の豪雪地帯の杉林に自生する
キンラン キンラン属 暗い場所でも明かりが点いたように輝いてます
ギンラン キンラン属 山道の人に見えるような場所で必ず待っててくれるかわいいやつ
クマガイソウ アツモリウソウ属 クマガイソウとはよく言った、クマがいそうな山の中
クモキリソウ クモキリソウ属 花は無地、そのかわり葉がきれいなラン、花期も長く、つぎつぎと咲く
クモラン クモラン属 カヤの幹に付着して四方八方に根を張っていた、葉の代わりに根の葉緑素で育つ
コウトウシラン コウトウシラン属 石垣島の山の中、冷たい雨の中、あたりにはサキシマフヨウが自生しています
コオロギラン コオロギラン属 横倉山の神秘の妖精
コクラン クモキリソウ属 うす暗い林床で細い茎に黒い花、見つけるほうも大変だ
コケイラン コケイラン属 別名ササエビネ、細い葉が見つかったかな?
コバノトンボソウ ツレサギソウ属 西日本の湿地には良くあるようだ。目が良くないと見つからないよ
コンジキヤガラ オニノヤガラ属 3年かかって、やっと咲いているのを撮れた
サイハイラン サイハイラン属 咲き初めの期間が長く、花びらが赤く染まるのはかなりあと。
サキシマスケロクラン ムヨウラン属 咲きガラとつぼみが見つかった、残念
サギソウ ミズトンボ属 西日本全般で見られる希少種、しかし湿原に踏み入る人が多くて小さな花が犠牲に。
ササバギンラン キンラン属 ギンランよりもスマートで、お兄さん格のラン
サルメンエビネ エビネ属 渓流の多い吉和村の奥の奥、ひとりで行くとクマさんに会いそうな寂しい場所に悠々と咲いて
ジガバチソウ クモキリソウ属 よく似たクモキリソウとは、じっくり見ると葉も花も全然違うことがわかる
ジャコウキヌラン キヌラン属 薄暗い森の陰で咲くムスクの香りのラン
シュスラン シュスラン属 前年咲きがらを見て、登山した。開花を見ることの感動を味わう。
シュンラン シュンラン属 広島市内の山では普通に見つかるが、非常に数が減ってきている
ショウキラン ショウキラン属 ピンク色した腐生ラン、意外と大型なので咲いていれば必ず見つかる
シラン シラン属 園芸種として沖縄まで全国にある。野生種を見つけることは至難の技
シロテンマ オニノヤガラ属 陽の当たらない林床でひっそり咲く
ジンバイソウ ツレサギソウ属 艶やかな葉と地味な色の花、薄暗い林内にひっそり咲く
セッコク セッコク属 自然のものを写真に撮れる位置で見ることは大変なこと
タカサゴサギソウ ムカゴトンボ属 南国の湿った日当たりの良い丘陵地に咲く
タシロラン トラキチラン属 田代善太郎さんが見つけたのでこの名がついた腐生ラン、意外な植物が市内にある。
ツシマニオイシュンラン シュンラン属 1茎に2花つく特徴を持つ対馬固有種。
ツチアケビ ツチアケビ属 別名を「山の神の杓杖」、不思議な雰囲気を持った植物だ。花も実もユニーク
ツルラン エビネ属 沖縄では普通に見るツルラン、真夏のジャングル歩きの楽しみのひとつ
テツオサギソウ ミズトンボ属 石垣島のジャングルに咲く地味なラン
トキソウ トキソウ属 芸北町の夏はこの姫たちの競演からはじまります。明るい湿原の代表選手。
トクサラン エビネ属 クリスマスの時期に石垣島の山中に咲く、明るい花
トケンラン サイハイラン属 鳥のホトトギスの仲間をトケン類と呼ぶ。ホトトギスの胸のような模様があるから
トサカメオトラン メオトラン属 南国の林縁に咲くとても貴重なランに出会いました。つぼみの時から頭を垂れるラン
トンボソウ ツレサギソウ属 オオバノトンボソウの小型版、湿った山道で見る
ナゴラン ナゴラン属 名前の由来となった名護市でさえ自生は無くなったと言われる
ナツエビネ エビネ属 一番暑い盛りに涼しい顔で咲いている。爽やかなうす紫
ナリヤラン ナリヤラン属 西表島の代表ラン、カトレヤに負けないよ
ナンゴクネジバナ ネジバナ属 本土のネジバナより葉と茎が力強い感じがする
ナンバンキンギンソウ シュスラン属 良く似たヒゲナガキンギンソウとの比較もご覧ください
ニラバラン ニラバラン属 新しい道の法面、自慢のニラに似た葉はすっかり虫に食べられていた
ネジバナ ネジバナ属 このようにねじれて咲くランも珍しい。
ノビネチドリ テガタチドリ属 貴重なランは意外な場所で見つかる。だから無くなるのはとても早い
ハシナガヤマサギソウ ツレサギソウ属 日当たりの良い草原に咲く
バイケイラン バイケイラン属 バイケイソウ(ユリ科)そっくりの葉をしている大型のラン。南国の森の中に咲く
ハルザキヤツシロラン オニノヤガラ属 やんばるの暗い照葉樹林の林床に咲く腐生ラン
ヒゲナガキンギンソウ シュスラン属 キンギンソウの清楚な姿とは違い、高さも50センチ以上。春に咲く
ヒトツボクロ ヒトツボクロ属 咲いている時にタイミング良く出合えないと、まず目に入らない小さなラン
ヒナラン ヒナラン属 あまり日当たりの良くない場所でピンクの小さな花をたくさん見せてくれる
ヒメトケンラン ヒメトケンラン属 常緑樹林下で目立ちにくい地生ラン
ヒメノヤガラ ヒメノヤガラ属 葉緑素を持たない腐生ラン。広島県でも見つかった
ヒメフタバラン フタバラン属 照葉樹林の林床で目立たず咲く、高さ10センチ程度の小さなラン
フウラン フウラン属 夏にぴったりの涼しいラン、江戸時代に富貴蘭と呼ばれたことからフウラン
フガクスズムシソウ クモキリソウ属 ブナに着生しひっそりと咲く
ホクリクムヨウラン ムヨウラン属 常緑樹林内の陽のあたらない場所にひっそりと咲く腐生ラン。ムヨウは無葉のこと
ホソバシュンラン シュンラン属 帝釈台の石灰岩が露出する日当たりの良い落葉樹林内
マメヅタラン マメヅタラン属 遠目には咲いているのか、咲いていないのか分からない
ミズチドリ ツレサギソウ属 湿地帯で咲くランは多い、ミズチドリのミルクのような白
ミズトンボ ミズトンボ属 日当たりの良い湿地に咲くが、色が地味なので見過ごしやすい
ミヤマウズラ シュスラン属 ウズラ模様の葉っぱを抱いて、名前ほど深山でなくとも見られる
ムカゴソウ ムカゴソウ属 色とりどりの花が咲く時期に、この花を見つけるなんて至難のわざ
ムヨウラン ムヨウラン属 完全開花している固体に遭遇することはなかなか無いようだ
モミラン マツラン属 三段峡の崖っぷちに咲く小さな着生ラン
ヤマトキソウ トキソウ属 か細い湿原のお姫様、真上に向いて雨をうらんでいた
ヤンバルキヌラン キヌラン属 やんばるのうす暗い森の中で、ネジバナのような咲き方をしていた
ユウコクラン クモキリソウ属 うす暗い林の中で存在感のある優雅なラン、南国の春を呼ぶ
ユウシュンラン キンラン属 栄養失調のギンランみたい。でも一番かわいいよ
ユウヅルエビネ エビネ属 オナガエビネとツルランの自然交配種とされる
リュウキュウカイロラン カイロラン属 沖縄やんばるの常緑広葉樹の薄暗い地面に咲く。別名アカバシュスラン
リュウキュウセッコク マメヅタラン属 セッコクのイメージは無い、西表島で見られる着生ラン
レンギョウエビネ エビネ属 やんばるの森の中で咲く、大型ラン

※ラン・らん・蘭ひとくちメモ
1:世界のランの人為雑種は4万種にのぼるそうです。
2:属の種類は557種あります。

【属名順index】

属名 植物名
アツモリソウ属 クマガイソウ
イチヨウラン属 イチヨウラン
エビネ属 アカエビネ エビネ キエビネ キンセイラン サルメンエビネ ツルラン トクサラン ナツエビネ
ユウヅルエビネ
リュウキュウエビネ レンギョウエビネ
オニノヤガラ属 オニノヤガラ コンジキヤガラ シロテンマ ハルザキヤツシロラン
カイロラン属 リュウキュウカイロラン(アカバシュスラン)
カキラン属 カキラン
カヤラン属 カヤラン
ガンゼキラン属 カクチョウラン ガンゼキラン
キヌラン属 キヌラン ジャコウキヌラン ヤンバルキヌラン
キンラン属 キンラン ギンラン ササバギンラン ユウシュンラン
クモキリソウ属 クモキリソウ コクラン ジガバチソウ フガクスズムシソウ ユウコクラン
コウトウシラン属 コウトウシラン
コオロオギラン属 コオロギラン
コケイラン属 コケイラン
サイハイラン属 サイハイラン トケンラン
シュスラン属 アケボノシュスラン カゴメラン キンギンソウ シュスラン ナンバンキンギンソウ ヒゲナガキンギンソウ ミヤマウズラ
シュンラン属 カンラン シュンラン ツシマニオイシュンラン ホソバシュンラン
ショウキラン属 ショウキラン
シラン属 シラン
セッコク属 オキナワセッコク セッコク
ツチアケビ属 ツチアケビ
ツレサギソウ属 イリオモテトンボソウ オオバノトンボソウ オオヤマサギソウ コバノトンボソウ ジンバイソウ
トンボソウ ミズチドリ ハシナガヤマサギソウ
テガタチドリ属 ノビネチドリ
トキソウ属 トキソウ ヤマトキソウ
トラキチラン属 タシロラン
ナゴラン属 ナゴラン
ナリヤラン属 ナリヤラン
ニラバラン属 ニラバラン
ニュウメンラン属 イリオモテラン
ネジバナ属 ネジバナ ナンゴクネジバナ
バイケイラン属 バイケイラン
ハクサンチドリ属 ウチョウラン
ヒトツボクロ属 ヒトツボクロ
ヒナラン属 オキナワチドリ ヒナラン
ヒメトケンラン属 ヒメトケンラン
ヒメノヤガラ属 カゲロウラン  ヒメノヤガラ
フウラン属 フウラン
フタバラン属 ヒメフタバラン
マツラン属 モミラン
マメヅタラン属 マメヅタラン リュウキュウセッコク
ミズトンボ属 サギソウ テツオサギソウ ミズトンボ
ムカゴサイシン属 アオイボクロ
ムカゴソウ属 ムカゴソウ
ムカゴトンボ属 タカサゴサギソウ
ムヨウラン属 サキシマスケロクラン ホクリクムヨウラン ムヨウラン
メオトラン属 トサカメオトラン
ヤチラン属  イリオモテヒメラン