ナガハシスミレ V.rostrata
3月13日・鳥取県岩美町 浦富海岸にて
本州の南限地にて

ハシとは嘴(くちばし)のことで距が長いことをさす。別名テングスミレのほうが特徴を良く捉えていて、QJYではおすすめの名前。
花の模様も美しく、形で判断できる唯一のスミレだろう。小さなくせに長いしっぽで自己主張している。寒い場所で3月上旬から咲くということも驚き。


模様が美しい。つぼみも距が長い(当たり前か)、色の濃いもの。


葉の柄は長い。横から見ると扁平な顔つき。
日当たりの良い場所では色が薄いが、その分模様がきれい。

<<スミレ写真館>>