フモトスミレ V.seiboldi
山口県・十種が峰にて
花はニョイスミレと間違えやすく、似たような場所で見られます。赤茶色の花茎の色が決め手。ニョイスミレは緑。

虫眼鏡で花びらの模様をじっくり見るとますます好きになるスミレです。群落を作らず株ごとにまとまって咲くのが特徴。

<<スミレ写真館>>