ヒメスミレ V.confusa ssp. nagasakiensis
広島県西城町にて
本来は人里のスミレ、しかし西日本では山地に生えるという説のとおり道後山の麓で見つけた。

花の径は1〜1.5センチ程度、スミレを小さくしたような花と翼の無い葉、荒地にしがみついて咲く。


2008・3・24 広島市安佐北区高陽町の墓苑にて 葉の裏や花茎まで、やや紫色。広島市内の河川の土手など水はけの良い場所が好きなようだ。花茎の中間に見過ごしそうな小さなたく葉がある。


2008・3・24 安芸高田市 八千代町にて
栄養失調のノジスミレと見過ごすことがあるが、葉のはっきりした鋸歯で分かる。
なお、強い香りのあるものが多い。

<<スミレ写真館>>