2009年 「広島県の絶滅危惧種 QJY」に写真が更新、あるいは加わった植物

キクザキイチゲ         【写真の更新】

セトウチウンゼンツツジ    【写真の更新】

イヌザクラ            ウワミズザクラと似ているため見過ごされる

ヤマガシュウ          【写真の更新】

ヒメヘビイチゴ          芸北のあぜ道や草原で見られる

オオカサモチ          【写真の更新】

ハマボッス            広島県では海岸の自然度を示す「指標植物」と言える

コアマモ             瀬戸内海の汚染によって消滅する可能性がある

オニヒョウタンボク       【写真の更新】

オオカモメヅル         珍しくは無いが花が小さいだけに見つからない

オオバウマノスズクサ     きつい登山の末に見つかる

キンセイラン           県内の豪雪地帯の杉林に自生する

オオルリソウ          広島市内とはいえ、山間部の林道にたくさん

ヤマゴボウ           広島県ではかなりの貴重種

マルミノヤマゴボウ      【写真の更新】

ヨロイグサ           広島市内で見られる貴重種

ハルトラノオ          春先に咲くから好き

オオイタドリ          昨年から県内で無いものかと気にしていた貴重種

メイゲツソウ          県内全般で見るが、数は少ない

ウスユキソウ          広島県ではここでしか見られていない

サワオトギリ          山地の水辺に生える

ハネミイヌエンジュ      県内全般の日当たりの良い深山にて

オオヤマフスマ        県内北部の草原に咲く

ヤマトミクリ          保護されたため池では繁殖力は旺盛

ヒメコウホネ          オグラコウホネとの違いは茎の断面なのだが

ドクゼリ             花や葉の可愛さの割に猛毒

ミカヅキグサ          北方の高層湿原に生えるはず

ナベナ              【写真の更新】

サクラバハンノキ       普通にハンノキが生える中で探すのは大変

イヌタヌキモ          数少ないノタヌキモより更に少ない

クロモ              ため池での観察は面白い

ノタヌキモ             【写真の更新】

ゴマノハグサ         地味な花だが、非常に珍しい

カラハナソウ          本来、北方の原野に生える植物だ

ヒナノキンチャク        こんな可愛いネーミングがあるんだ

ルイヨウボタン         <昇格>

レイジンソウ          渓流沿いの杉林の陰に

アキノハハコグサ       日当たりの良い、乾いた場所に咲く

アカミヤドリギ          <昇格>

QJY植物図鑑 広島県の絶滅の恐れのある野生植物リスト